【アロマラント通信20217月号】


INDEX

1. アロマテラピーと神秘思想 (深谷)

--------------------------------------

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


そろそろ梅雨も明け、これから暑さの厳しい季節に突入します。体調を崩しやすい時期ですので、気をつけて過ごしたいものです。

アロマラント精油ではブレンド精油の「アンチインセクト」のご注文が増えてまいりました。虫除け対策はもちろん、ジメジメ対策にアロマを使って少しでも快適に過ごしましょう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アロマテラピーと神秘思想

アロマテラピーには神秘思想と通じる何かが有る。こうお考えの方は多数いらっしゃるのではないでしょうか。EBMT(証拠に基づいた医学理論)が重要視されるのと同時にhollistic medecin (全体医学)や代替医療が論議されるのと同じ構図です。一方に合理主義、他方に神秘主義が並び立つ姿は実に西欧思想史そのもので、アロマが西欧文明の子供である事の証明でもあります。


アロマと接点を持つ神秘思想

アロマと接点を持つ神秘思想は幾つもあります。思いつくままに挙げれば、占星術、魔女魔法として弾圧された中世以来の民間療法、インドのアーユルヴェーダ医学理論、霊的肉体を仮定するパトリシア・デービス提唱のsubtle aromatherapy、カトリック教会側からの反撃とも捉えられる聖女ヒルデガルト復興運動、キリスト教布教以前のヨーロッパ土着宗教復活を目指す新異教 (new paganism)、新魔女運動Wicca、量子論多世界解釈の神秘主義版などなど........


アロマテラピー誕生の時代背景

上に挙げたアロマと通じる各種神秘思想には共通項があります。眺めていてハハンと来ませんか?それは、すべて1970 - 1990 年台にかけて生まれた、或いは占星術のように昔から有るには有るが、この時期に広がりを見せたという時代性です。1970 - 1990 年台とはどんな時代だったのでしょうか。それは国際政治面ではソ連という共産主義独裁国家が雪崩を打って崩壊しヨーロッパに安定した平和が訪れ、サンフランシスコにはフラワーチルドレンと呼ばれたヒッピーが集まり、ウッドストック音楽祭が開かれ、東京の新宿でもハイミナールでラリったフーテンが目立つようになっていた時代でした。横尾忠則や赤瀬川原平のポスター版画がもてはやされた時代でした。反権威の時代、息苦しい真面目体制に我らは風穴を開けて見せるのだという反逆の熱気に満ちていた時代でした。その中で環境問題重視の緑の党(グリーン)運動がヨーロッパに生まれます。これは脱工業化という時代思潮とマッチし社会底辺にまで浸透していきます。アロマテラピーをこの「時代の空気ジグゾーパズル」にはめてみるとピッタリ合うのです。アロマテラピーはそもそも学校医学への反逆として生まれた、それは個人や自由の価値を認める環境運動にも通じていた。体制に虐げられてきた民間療法やそれを生み出したキリスト教以前のヨーロッパ伝統への回帰でもあった。


新異教 (new paganism)と新魔女運動

次回からはこの主題を扱っていきます。占星術やチャクラについては良いサイトもあり知識が得やすいと思いますが、新異教(異教復興運動)については知る人が少ないからです。これが盛んなのは英国とアメリカ。アングロサクソンというのは不思議な話、おばけの話、神秘的な話が好きなのですね。フランスは駄目です。頭が理屈に凝り固まったような文化伝統ですから。ドイツもこの手の神秘話は好きなのですが、何せワーグナーの楽劇『ニーベルンゲンの指輪』やグリム童話を産んだ国ですからゲルマン神話伝承には事欠きません、表立って扱うとヒトラー復権を疑われて回り中から袋叩きにされますので黙っています。

(づづく)

深谷

--------------------------

深谷商店 / 雪江奈津代

103-0025 東京都中央区日本橋茅場町 2-17-6-608

tel/fax 03-3249-7844

http://www.fukaya-shouten.biz/

admin@fukaya-shouten.biz

-----------------------------------